にきびの種類別・改善方法

にきびには5つの段階がある

にきびはその症状に種類があり、おおよそ5段階に分類できます。
また、それらの段階に応じてスキンケアの方法も変わってきますので、
あなたのにきびの段階に合わせた改善方法を実践していきましょう。

第1段階:白にきび

最初期のにきびは白く見えており、まだ炎症は起きていない状態です。
にきびの原因菌であるアクネ菌が増殖しておらず、この段階で
治療を行うことがとても重要です。
よく早期発見、早期治療と言いますが、にきびにおいては
白にきびの状態が見つかり次第、すぐに治療するようにしましょう。

白にきび発生の原因

白にきびは毛穴に角栓が詰まり、皮脂が溜まっている状態を指します。
この状態でアクネ菌が繁殖すると炎症を起こし、赤にきびに変化します。
赤にきびになる前に治療が終われば、痛みやかゆみが出ず、跡が残ることもありません。
白にきびの原因は角栓が詰まることにあります。
角栓が詰まりやすい原因は皮脂分泌の増加にあると言われています。
そして皮脂分泌が増加する原因はホルモンバランスの乱れです。
もっと言うと、男性ホルモンの増加によります。
では男性ホルモンを抑制するにはどうすればよいか?
次の項で記載します。

男性ホルモンの抑制方法

男性ホルモンの抑制方法は、女性ホルモンを増やすことです。
女性ホルモンに近い働きをするのは、大豆イソフラボンです。
ですので、大豆イソフラボンを多く含む食材を日々の食生活に取り入れましょう
主に大豆製品や味噌などに多く含まれますので、
豆腐、納豆、みそ汁などが良いでしょう。
また、亜鉛も男性ホルモンを抑制する働きがあります
亜鉛は魚介類や海藻類から摂取できます。
最近はサプリメントで補うこともできますので、Amazonや楽天等の通販サイトから
購入してみるのもオススメです。
私は、iherbと呼ばれる海外通販サイトがイチ押しです。
まず、サプリメント類の種類が豊富であり、定期的にセールをやっています
海外からの発送ではありますが配送料も決して高くなく、配送も1週間以内には完了します。
亜鉛で検索すれば、ヒットしますので一度購入を検討ください。

第2段階:黒にきび

黒にきびも白にきびと変わらず、まだ炎症が起きていない状態です。
ですので、白にきびと同様に早期発見、早期治療が重要です。

黒にきびの原因

白にきびの状態からさらに皮脂分泌が進むと、
白にきびの表面に付着している皮脂が空気に触れて酸化し、
黒にきびへと変化します。
結局のところ、皮脂の過剰分泌が原因となります。
そのため、白にきびと同様の改善方法を実践すると良いでしょう。
またその他に、病院にてディフェリンゲルを処方してもらうのも1つの手です。
この薬は塗布薬であり、患部に塗布することで毛穴の詰まりを改善します。
保険も適用されますので安価に入手することが可能な点もGoodです。

第2段階:赤にきび

赤にきびは、炎症を起こして腫れている状態になります。
この状態になると痛みやかゆみを伴うため、治療に入る人たちも増えてきます。
この段階になると跡が残る可能性が出てくるため、自己治療ではなく、
医療機関にかかるなどして早めに対処するようにしましょう。

赤にきびの原因

毛穴の中でアクネ菌が増殖することで赤く炎症を引き起こします。
アクネ菌の詳しい動きを知りたい方は、「アクネ菌 リパーゼ MMP」などで
検索すると良いでしょう。

改善方法

炎症が起きている状態では、黒にきびのようにディフェリンゲルでは
効きません。
赤にきびには抗生物質を服用します。
医療機関にかかれば、塗布薬であれば、ダラシンTゲルゲンタマイシン
処方してもらうと良いでしょう。
内服薬であればミノマイシンクラリスなどが良いでしょう。
しかしながら、抗生物質は炎症を抑える暫定処置となるため、
根本から治療するには、にきびのできにくい身体にしていくことが重要です。
そのためには、やはりホルモンバランスを整えることが最重要
日々の食生活を見直していきましょう。

第3段階:黄にきび

炎症を起こしたにきびがさらに悪化した場合、
膿を発生させ、黄にきびとなります。
黄にきびは炎症が皮膚の奥にある真皮層にまで
届いているため、跡が残る可能性が高いです。

黄にきびの原因

黄にきびは、赤にきびの状態でさらにアクネ菌が繁殖することで
毛穴ににきびが収まりきらず膿として表面に現れてきます。
この状態では痛みを伴い、さらに炎症の拡大が加速していく恐れがあります。
この状態で一つ言えることは、見た目が悪いからと自身で潰さないことです。
潰せば間違いなく跡が残ります。絶対に触らないようにしましょう

改善方法

患部の炎症を抑えることが一番です。
ダラシンTゲルやゲンタマイシンの他にステロイドを処方してもらうのも手です。
また、外科治療になりますがレーザー照射による炎症抑制を行うことも検討しましょう。

第4段階:紫にきび

にきびも最終形態となり、紫色になり腫れあがっている状態です。
ここまでくると跡になって残る可能性は極めて高く、
赤黒くなるケロイド状態になることも。

紫にきびの原因

にきびの内部に血と膿が溜まりにたまると紫にきびになります。
この状態では毛穴の周りにまで炎症が進んでしまっています。
にきび跡が残ることはほぼ確実なため、長期的な治療を行っていく覚悟をしましょう。

改善方法

この状態では自己治療は無理なので、早く医療機関にかかりましょう。
ひどい場合は外科治療を行い、切開することで内部の血や膿を排出することもあります。
ステロイドの処方や、炭酸ガスレーザーを用いて皮脂の過剰分泌を抑制することも検討しましょう。
にきび跡が残った場合でも、ホルモンバランスを整えることで肌のバリア機能を高め、
にきびをできにくくし、本来の肌に近づけることも可能です。
根気強く治療していきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です