にきび跡・クレーターを消す方法

にきび跡は何故できるのか?

にきび跡は、赤にきびや黄にきび、紫にきびなどのケアができず、
最終的に肌の真皮層までダメージが及んでしまったがために出来てしまいます。
新陳代謝、いわゆるターンオーバーでお肌が生まれ変わるのは表皮層(肌の表面上の部分)まで
のため、結果としてにきび跡が残ってしまいます。
にきび跡が残ってしまったお肌は、ターンオーバーがされないため美容成分や保湿成分が
浸透しづらい状態にあります。

つまり、このようなお肌にどのような薬、美容成分が含まれた化粧品を使ったとしても
効果が発揮されません。

では、どのような方法を取ればにきび跡は改善されるのか?
以下に記載していきます。

にきび跡改善のポイント

1.浸透力の高い化粧品を使う

上にも書いたように、ターンオーバーがされない限りにきび跡は治りづらいです。
であれば、ターンオーバーがされやすいように、真皮層まで届きやすい浸透力の高い化粧品を使いましょう。
にきび跡に良いとされる製品はネット上で簡単に検索できます。
「にきび跡 浸透力」などで検索し、ヒットする製品を試してみましょう。

2.抗炎症成分の配合されている化粧品を使う

にきび跡ができてしまうのは、赤にきびをはじめとした
症状が進行しているにきびをケアできていないことが原因です。
ですので、丁寧なケアをするために、抗炎症成分の配合されている化粧品を使い、
にきび肌の状態を改善していきましょう。
特に抗炎症成分としてオススメなのは、グリチルリチン酸、ビタミンCです。
お肌に優しく、症状の悪化を防ぐことができます

にきび跡を作らせない習慣作り

肌に汚れを残さない

日々の生活でお風呂に入ったり、シャワーを浴びたりすると思います。
このとき、シャンプーやボディーソープ、洗顔料などを使ってお肌を洗うと思いますが、
しっかりと洗い流すことを意識しましょう
また、メイクは必ず落としてから寝るようにしましょう。
汚れが残ったままにしたり、メイクを落とさずに寝てしまうとお肌のターンオーバーが
行われにくくなり、にきびが治りにくくなってしまいます。
(余談ですが、メイクを落とさずに寝てしまった場合、
5歳老ける、1か月間のスキンケアが無駄になると言われています

スキンケアは「低刺激」を意識する

良く聞くことかもしれませんが、洗顔時や体を洗う際、
ゴシゴシとこするように力強くお肌を洗うことは避けましょう
お肌をこすったり強く押したからといって成分がより深い層まで浸透する、
と考えるのは浅はかです
成分の刺激が少ないもの、そして使った時もお肌をいたわるように、
優しく撫でるように洗うことを心がけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です